【初めての記念撮影】赤ちゃんの写真館デビューにおすすめの時期とは?

公開日:2022/07/15


赤ちゃんの成長記録は、ぜひ写真に残したいものです。現在はスマートフォンが普及しているため、手軽に写真を撮ることができます。撮影スタジオでプロの手によって撮られた写真は、ただの記録を超えて一生の記念になります。今回は、赤ちゃんの写真館デビューにふさわしい時期について解説します。

赤ちゃんの写真館デビューにベストなタイミング

毎日が記念日ともいえる赤ちゃん。いったいどのタイミングで撮影スタジオへ行けばいいのかと迷うことでしょう。ここでは、赤ちゃんの写真館デビューにうってつけなタイミングを、赤ちゃんの成長にそっていくつか紹介します。

お宮参り

「初宮参り」とも呼ばれるお宮参りは、赤ちゃんが生後1か月を無事に迎えられたことを神様に感謝する行事です。赤ちゃんにとって初めての晴れ着姿となるお宮参りは、ぜひ写真に残したいタイミングです。お宮参りには、赤ちゃんの祖父母も付き添うことが一般的。なので、一家が最初に揃うイベントでもあります。多数の参拝者が訪れる神社周辺は撮影スタジオも多いので、お宮参りからそのまま撮影まで行うこともできます。

最初の節句

女の子は桃の節句、男の子は端午の節句。初節句は、赤ちゃんが生まれてから最初に迎える節句です。晴れ着姿の赤ちゃんの写真は、間違いなく一生の思い出品になります。かつては雛人形や兜、こいのぼりなどを用意して盛大に祝われていましたが、現在は準備の負担が大きいこともあり、しだいに薄れてきている習慣です。しかし、撮影スタジオでは雛人形や兜から衣装までを用意していることが多いため、赤ちゃんの初節句を手軽に写真に残すことができます。

ハーフバースデー

赤ちゃんが生まれてから半年を祝うハーフバースデー。元々は欧米の風習ですが、近年は日本でも行われるようになりました。「1/2」の形をしたバルーンなどの飾りつけは、写真映え間違いなしです。急速に成長しつつも、まだ「赤ちゃんらしさ」が残る生後半年のタイミングは、しっかりと記録したい瞬間です。

初誕生

赤ちゃんが生まれてから最初の誕生日は、無事に満1歳を迎えた大事な記念日です。お宮参りなどの行事はしなくても、初誕生は大々的にお祝いするという家庭が多いです。初誕生という大切な記念日は、赤ちゃんの写真館デビューにうってつけのタイミングです。赤ちゃんの初めての誕生日をプロの撮影で形に残しましょう。

赤ちゃんの写真を初めて写真館で撮影する場合の注意点

大人とは違い、赤ちゃんを写真館へ連れて行っての撮影は、なかなか簡単にはいきません。ここでは、初めて写真館で赤ちゃんの撮影をする際に、注意をむけるべき点を紹介します。

赤ちゃんの機嫌と体調をしっかりチェック

赤ちゃんは非常にデリケートです。せっかく写真館へ行っても、赤ちゃんの機嫌が悪ければ良い写真は残しにくいですし、体調を崩してしまっては大問題です。お昼寝の時間を避けるなど、生活リズムを崩さないような撮影スケジュールを立てましょう。お気に入りのおもちゃを一緒に持っていくのも効果的です。赤ちゃんのコンディションがいまいちであれば、ためらわずに予約をキャンセルしましょう。

予約時にキャンセル料を確認しておく

赤ちゃんの体調や機嫌はとても不安定です。なので、赤ちゃんの撮影はなかなか予定通りに進みません。写真館に予約を入れても、変更やキャンセルはかなりの確率で発生すると考えておきましょう。予定通りに撮影できない場合に備えて、予約する際にはキャンセル料をあらかじめ確認しておくことが重要です。

撮影当日の事前準備は?持っておくと便利なアイテムも

写真館へ予約を入れて、ようやく撮影当日になりました。赤ちゃんの写真を最高の形で残すためには、撮影当日にどのようなことができるのでしょうか。ここでは、撮影前の準備と、撮影スタジオに持っていくと良いアイテムを紹介します。

赤ちゃんが起きていられるコンディションにする

生後1年くらいの赤ちゃんは、すぐに寝てしまいます。せっかくの記念写真ですから、やはり赤ちゃんが起きているところを撮影するのが望ましいですね。そのためには、赤ちゃんのお昼寝時間を避けて撮影する、事前にご飯を食べさせすぎないなどの対策が有効です。

赤ちゃんの不安を取り除く対策を

撮影スタジオは、赤ちゃんにとって慣れない場所です。赤ちゃんの笑顔を写真に残すには、赤ちゃんが心地よく過ごせるような対策が必要です。おむつは事前に替えておく、赤ちゃんの不安を取り除くようなアイテムを持って行くなど、しっかりと準備をしておきましょう。

お気に入りのおもちゃ

赤ちゃんにとって、周囲の環境が変化することは大きな不安となります。赤ちゃんのお気に入りのおもちゃは、撮影スタジオといういつもと違う環境においての安心材料となります。

音楽を流せるもの

赤ちゃんは音楽や映像に強い興味を示します。オーディオプレイヤーや音が鳴るおもちゃなどがあると、赤ちゃんをご機嫌にしたり、赤ちゃんの不安を紛らわせたりするのに便利です。

おやつ

生後半年~9か月を過ぎた赤ちゃんは、おやつを食べることができるようになります。赤ちゃんにとっても大きな楽しみとなるおやつは、赤ちゃんの笑顔を撮影するのにとても便利なアイテムです。ただし、あまり食べさせると眠くなってしまうので注意が必要です。

 

赤ちゃんの成長の記録を写真館で撮影するタイミングとしては、年中行事や記念日など、ひとつの区切りを目途にするのが定石となっています。そんな瞬間をしっかりと写真に残しておくことは、一生の記念になります。大切な日を形として残すために、しっかりと準備をして、最高のタイミングで写真館デビューを迎えましょう。

【八王子市】おすすめの写真館ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名シラフジフォトスタジオLe contePRIME PHOTOSTUDIOStudioAliceアキヤマスタジオ
特徴①東京・八王子で創業半世紀の実績と経験。地域に根付いたフォトスタジオ八王子にあるアットホームなフォトスタジオ。『物語』になる写真を提供今年で創業50周年を迎えるフォトスタジオ。写真館には美容院を併設している全国各地に約500店舗を展開するフォトスタジオ。安心の品質保証創業約50年の経験と実績を持つ。地域のオンリーワン写真館を目指している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧